WordPressで文字や画像にリンクを貼る方法を解説

WordPressで文字や画像にリンクを貼る方法を解説

ブログ記事の中に別記事へのリンクや外部サイトの記事へのリンクを貼りたいことがあります。

内部リンクを充実させておくと記事の回遊率も良くなりますし、積極的にリンクを貼って記事を紹介しておくと良いです。

そこで、この記事ではWordPressの記事でリンクを貼る方法について説明します。

 

Classic Editorでリンクを貼る方法

まず、Classic Ediorでリンクを貼る方法を説明します。

はじめに、「新規投稿を追加」画面でリンクを挿入したい箇所にカーソルを置きます。

または、リンクを挿入する文字を先に入力して、その部分をドラッグして選択した状態にします。

そして、エディターのツールバーにある「リンクの挿入/編集」ボタンをクリックしてください。

リンクの挿入/編集ボタン

以下のようにリンク先のURLを挿入する画面が表示されます。

URLをペーストするか入力して検索

右側にある「リンク設定」(歯車のマーク)をクリックします。

リンク設定ボタン

「リンクの挿入/編集」画面が表示されたら、「リンク先URLを入力してください」と書かれた下の部分に、リンク先のURLとリンクを設定する文字列を入力します。

リンクの挿入/編集画面

内部リンクを設置したい場合は、「または既存のコンテンツにリンク」から検索をすれば、URLとリンク文字列が自動で入力されるため、簡単に設定することができます。

既存のコンテンツにリンク

(検索せずに記事一覧の中から直接クリックすることも可能です)

もし、リンク先のページを別タブで開きたい場合は「リンクを新しいタブで開く」にチェックを入れます。

リンクを新しいタブで開く

最後に右下の「リンクを追加」ボタンをクリックします。

以下のようにエディターにリンクが挿入されていることを確認できたら完了です。

リンクの設定が完了した時の画面

 

画像にリンクを貼る方法

文字列だけでなく、画像にリンクを設定することも可能です。

画像にリンクを貼りたい場合は、まずリンクを設定したい画像を選択し、表示されたメニューから「編集」をクリックします。

画像の編集ボタン

画像詳細画面が表示されたら、「設定を表示」の「リンク先」というプルダウンメニューから「カスタムURL」を選択します。

リンク先のプルダウンメニュー

「リンク先」の下にURLの入力欄が表示されるので、そこにリンク先のURLを入力し、右下の「更新」をクリックして、リンクの設定が完了です。

カスタムURLの入力欄と更新ボタン  

Gutenbergでリンクを貼る方法

次に、WordPressの新エディター「Gutenberg」でリンクを貼る方法を説明します。

はじめに、段落ブロックにリンクを設定する文字を入力します。

次に、リンクを設定する文字列を選択し「リンク」をクリックしてください。

リンクボタン

次に、「URLをペーストするか入力して検索」という部分にリンク先のURLを入力するか、検索ワードを入力してサイト内の記事を検索します。

URLをペーストするか入力して検索

検索窓の下に記事の候補が表示されるので、リンクを設定したい記事を選択します。

キーワードを入力して記事を検索

もし、リンクを別タブで表示する場合は、右側の「リンク設定」をクリックします。

リンク設定

「新しいタブで開く」をクリックして有効の状態にしてください。

  設定したら「適用」(左向き矢印のアイコン)をクリックします。

適用ボタン

エディターに戻って以下のように下線が付いた状態になったことを確認したら完了です。

リンクが設置された時の画面表示

 

画像にリンクを貼る方法

次に、Gutenbergで画像にリンクを貼る方法について説明します。

まず、リンクを貼りたい画像を選択し、表示されたメニューから「リンクを編集」をクリックします。

リンクを編集ボタン そして、「URLをペーストするか入力して検索」にURLを入力するか、キーワードを入力して記事を検索してください。

URLをペーストするか入力して検索

別のタブでリンク先を表示する場合は、右側のリンク設定(下向き矢印のアイコン)をクリックします。

「新しいタブで開く」をクリックして有効な状態にします。

新しいタブで開く

 設定したら「適用」(左向き矢印のアイコン)をクリックしてください。

エディターに戻り、設定したURLが表示されていることを確認したら完了です。

 

まとめ

以上、WordPressで記事にリンクを貼る方法について説明しました。

WordPressのエディターは、ツールバーの「リンクの挿入/編集」ボタンからリンクを設定することができます。

内部リンクならば、検索して記事タイトルとURLを自動で設定することができるため、簡単にリンクを貼ることが可能です。

また「リンクを新しいタブで開く」にチェックを入れるだけで、リンクを別タブで開くように設定することもできます。

記事内に内部リンクを貼って関連記事を紹介する時などに、ぜひ参考にしてみてください。

ブログのつくり方カテゴリの最新記事